トロピカル松村

タグ:80年代

本日はTakaさんの家にお泊りです。
またしても当分Takaさんネタが続きそうな予感です。

陸サーファー仕様ファミリア
画像1

ボーイズレーサー仕様ファミリア
画像1

現在も使用するスープラ(昔取材された時の写真)
画像1


とりあえず本日は三人ともステーキ300gと戦いました。
画像1


サウンドは昨日の82年ディスコMAGICに収録されていたという、
ROCK HEROESからROD STEWART MEDLEY!
82年の素晴らしいディスコサウンドをお楽しみください!

81年の別冊SURFIN LIFEより。
a

なんたることか。
終盤のページに新宿のサーファーディスコ"B&B"が特集されていました。
b1

当ブログに度々登場しているTAKAさんは、
このディスコのスタッフだったのかと思うと、改めて凄い人だと思う。
(しかも現代でバッキバキのファミリア乗ってるし。)
c1
バートルマンのフィッシュが飾られてるって、ヤバスギ。や・ば・す・ぎ!!
d1
e1

よく、当時は六本木がダントツ!なんて言葉を聞くが、いやいや、これはサイコーでしょ。

文章、読んでください。涙しますよ。
f1


というわけで、本日のサウンドは、
元B&Bスタッフ、TAKAさんの思い出のチークタイムナンバーより。


SNEAKER / More than just the two of us

女性もマーケットに入れたら、閲覧者数は二倍になってウッハウハ。
女版トロマツみたいなのが現れるかも。

なんていう小学生みたいな発想から、本日はエンゼルスフライト(通称エンフラ)の話をするんだな。
17a79cc8

たかだかエンフラ。でもそのスタイルは様々。
レインスプーナーのラハイナシャツや、レーヨンのアロハでのコーディネート。
足元はあくまでもサンローランのウエッジ。これはエレガンスサーファーの基本なのねん。
トラッドサーファー、マリンルックでもエンフラはばっちり。
問題はカラーチョイス。マリンルックだと白か紺あたりがマスト。
a

b

このニットパンツブーム最盛期が1981年。
70年代の綺麗系、ニュートラブームの影響と、西海岸のサーファーブームがミックスされ、
80年代初期の”都会派サーファールック”が生まれたってわけだ。
マルボロの紺色パイロットシャツを着ている姉さまなんてその象徴ですね。
気が付けば六本木のディスコは、猫も杓子もムチムチニットパンツって状態。

しかしブーム以前に、つまりボブソン社が提携を結ぶまでのエンフラを、
70年代で既に穿いていた女性は相当のお洒落ガールざます。
g

ブームになってからはいろいろなブランドがニットパンツを発売するわけですが、
結局は二番手。やっぱり天下はエンフラにあります。
h


いつかは私のこのエンフラとサンローランウエッジを誰かに着用してもらい、
コテコテのコスプレで、地下アイドル的なことでもやってくれる女の子を見つけたいな。
プロデューサーはわたし。
応援団の特攻隊で思い当たるアホ(褒め言葉)が2、3名います。


と、いうことで本日のサウンドは昇天まちがいなし。
81年、ヤングオーオーに出演のAMY HOLLAND。
「あなたのいない私はどうやって生き抜いていけばいいの・・・」
HOW DO I SURVIVE. こんな女性と踊りたいです。


Amy Holland - How Do I Survive 1980

※商品に関するお問い合わせは下記のアドレスにメールしてください。
many_classic_moments7010@yahoo.co.jp

画像1
ラム姉さんのフォトプリントTシャツとかないやろか。
なんていうしょうもないことを考えながら、本日もブログをスタートいたします。

本日は当時一斉を風靡したサテンジャンパーのお話なのねん。 画像1
山下真司はスクールウォーズより太陽にほえろのスニーカー刑事。
eeef3c2b

前置きが長くなりましたが、貴重なAngelsを紹介します。 画像1

こちらはスターター社の復刻物。
画像1
画像1
カリフォルニアエンゼルス、ロサンゼルスエンゼルス。やっぱり西海岸が基本です。 画像1
もちろんMade in USA。
画像1
サイズは少し大きめのSサイズです。


本日のサウンド。
サテン地のジャンパーといえば78年のリンダ姉さん。


Linda Ronstadt / All That You Dream


※商品に関するお問い合わせは下記のアドレスにメールしてください。
many_classic_moments7010@yahoo.co.jp

securedownload

80年代は関東のミナミスポーツや、関西のスポーツタカハシなどが人気でしたが、
ハイストンは草分け。別格です。70年代中期で既にこの貫禄だったわけです。

神田と渋谷の2店舗。
いわば都会派、シティボーイの巣窟ですね。
上の広告みればわかるでしょ。扱ってる商品量。
アパレルもスポーツ用品も群を抜いているよね。

スケートボードはこの通り。
サンタクルーズ、G&S、ローガンアーススキーなど。
securedownloadhg

洋服はこの有り様。
アルパイン、シェラ、モンクレーのダウンから、ケルティーのバック、
プロケッズなどのスニーカーまで、今の時代ではお宝の山。
fv

ハイストンで買い物して、
スケートボードとサーフボードをダットサンの荷台に詰め込み湘南へ出動。

素晴らしい時代だね。


茅ヶ崎から潮風。湘南さえ追い越し。黙ったままとばした。
(サーンラーイズ・サーンセーット)
懐かしいね若いね。蒼い夢を見つめて。抱きしめてた二人は。
(サーンラーイズ・サーンセーット)


茅ヶ崎サンライズ - ラジオっ娘 (Lady,Oh !)

スペクトラム新田一郎氏の名曲、サンライズサンセットのカバーです。
ちなみに新田先生の原曲のほうが300倍かっこいいです。
けど1分42秒からムチムチなのでアリです。むしろアリアリです。

70年代80年代は、ワイハやキャリフォーニアはもちろん、ジャポネーゼも最高ぜよ。 ※商品に関するお問い合わせは下記のアドレスにメールしてください。
 many_classic_moments7010@yahoo.co.jp

このページのトップヘ