トロピカル松村

カテゴリ: 昭和

おとうちゃん!涙ながしてもいいからね!
おいら夢のようなTシャツを手に入れたでやんす
IMG_4997

うわーお。おどろきとどろき世田谷区

僕のヒーローといえば、日本では坂本昇氏、アメリカではジェフ・ホー。
でもジェフ・ホーは中国系か。そんなんどっちでもええっちゅーごく。
どっちにしても昭和なルックスのお方が好きってわけね。

そしてなにを隠そう、
坂本昇氏、パイプライン一派が愛用していたウエットスーツこそが
この「SESSION SESSION」なのである!ガハハ~!
IMG_4470
しっかり同じように胸ロゴにはこのプリントもはいっているんだなこれが。

いんや~。
これ着て街歩きながら、ひとりでニヤニヤしちゃってます。
湘南のお父様方、あっしを見かけたら「ハウゼ」って声かけてくださんせー。

ヤバいの手に入れました。
image

せっかくなので軽く紹介しておきます。
image

image

image

音楽というものはスタイルを増すひとつのツールだと思う。
サーフィン映画が無音ならどうだろうか。
たぶんまったくイメージが湧かない、おもしろくないものだろう。
今では皆無となったサーフィン雑誌の音楽紹介ページ。
昔は当たり前のようにあった。というか全サーフィン雑誌にあった。
(Surfing Classic '84)
image

過去のアーカイブを読み返してみるといつも新しい発見がある。
アジアンパラダイスの坂本昇氏のグーフィーシーン、
MARIEのDANGER ZONE。

昭和の哀愁しか感じないマニアックな一曲。
ずっとわからないままだったアーティストだったが、ようやく知れた。
自分は攻めのグーフィーに挑むたびこの曲が流れている。

音楽も本もなんでも、やっぱり昔から得るものは大きいです。

image

蛸操さんシェイプのビンテージ・シークエンスをゲットしました。
ツインフィンでスカッシュテールのシングルウイング。
楽しみです。
善家さんのツインと、添田さんのツインもあるからレジェンドシェイプが揃ってきました。
個人的には海外の有名シェイパー勢揃いよりモエっとします。

これはリペア頑張らなあかんぞ〜(笑)

恐らくサーフスケートの古着の取り扱いは関東随一であろう、原宿のローカルズオンリー。
板の販売は行っていないが、お店で飾っている板がコレ。
image

ライトニングボルトジャパンのサーフボード。
なんとシェイパーは上杉氏。
image

MRとBOLTのディケールが刻まれたシングルフィン。
しかもライトニングボルトジャパンのもの。
う〜、昭和心をくすぐる。
欲しい〜。

このページのトップヘ