トロピカル松村

カテゴリ: 日記

ラリー・バートルマン、ピーター・シュロフ。
ともにリペア完了しました。
IMG_0783
専用工具は一切使用せず。
ほんと、樹脂と紙やすりのみです。
IMG_6954
どうですか!この修復したテール!
専用工具なしの素人にしては恐ろしいほどのクオリティでしょ。
IMG_0531

そろそろ色入れるのを覚えたいですね。
とにかく次のサーフィンが楽しみです。
80sフィッシュフライ、やっちゃいますか!(笑)

好きなポイントで、素敵な仲間とサーフできる喜び。
今日もしっかり噛みしめました。

重い腰を上げ、シュロフのリペアにチャレンジ。デッキパッドの日焼け部分はプロにお願いするとして、それ以外のとこは自分でやっておけば、コストを大幅に削減できるからです。

しかし何本もリペアするうちに、バキバキに割れたテールを修復できるくらいにまでに、自分のリペア技術が上がってきた。
ビフォーを撮っておくべきでしたが、そこまで気が回らず。
とにかくバキバキだったテールが、元に戻るだけで気持ちよすぎて、何度もナデナデしてしまいました。

ジェフ・ホー。
こんなにスタイルのある人が70年代にはいたのかと、
心底この人に魂を奪われつづけている。
中国系アメリカ人だが、
このアジア人特有の哀愁、昭和感がたまらない。
IMG_3274
自分的には彼がグーフィーであるところにも、
グッときているのだが、
ジェリー・ロペスがグーフィー界のスーパースターなら、
ジェフ・ホーは裏の奥の奥にあたりに潜むウルトラスター。
LIKE、むしろLOVEの域まで達していて、
気が付けばクローゼットの中身はこんな感じになっている。
IMG_6851
自分はBlue.という非常に感度の高いサーフィンマガジンに、
非力ながら関わらさせていただいている。
自分を特集していただいた26号から、もう6年が経った。

そして、今号58号でいよいよジェフ・ホーを特集することができた。
IMG_9475
66歳を迎えるジェフ・ホーは今なお進化を続けている。
知らない人が見たら麻原彰晃にしか見えないだろうが、
私からすればウルトラマン以上のヒーローだ。

完全マスターベーションの記事ではあるが、
Charさんの素晴らしい写真とともに、僕のブログ読者の人には
ぜひこの特集を拝見していただきたいです。

実は裏アンバサダー的なことをしております。
なので当日は、私のコレクションが店内を装飾します。
1424285_1607749429546586_8987347269293877155_n
みなさんぜひ来てください。

このページのトップヘ