トロピカル松村

カテゴリ: OTHERS

LEI SURF DESIGNS 9'5" AIRLINE
Classic Noserider
IMG_0567


70sアロハエアラインのファブリックをインレイ。
IMG_4068

ロングデビューのっけからこのフィン。
大丈夫か!俺!(笑)
とりあえずもう取り置きしちゃいました~(笑)
IMG_4870

いつも思うことがある。
いったいこの物の価値をどれほどの人がわかってくれるのか。
自分にとってはスーパースターのラリー・バートルマンだが、
ほとんどの人にとってはそうではない。
レジェンドか、現役か、日本人か、はたまたよく一緒に海に行く先輩か、
憧れのサーファーは人によって違う。
ラリー・バートルマンすら知らない人のほうが多いだろう。
IMG_1854

ただこのフィッシュに当時どれだけのサーファーが衝撃を受けたか。
彼のマニューバーをどれだけのサーファーがマネしたか。
IMG_3772
そんなサーフボードのオリジナルをゲットできたこと。
嬉しい。ただただ嬉しい。
本当に出会いに感謝したい。
IMG_6293
リペアはゆっくりじっくりやればいいかな。
ひとまず自分の持ってるツインを全部並べて、
フィッシュフライに参戦しようかしら。
Tropical Matsumura precents “80s FISHFRY”
なんて。当日忙しすぎてそんな暇ないな。

サーフとか70年代とかそんなんばっかり好きだから、
気が付いたら身にまとっている物がすべて貧乏くさいという始末。
せっかく出版社勤務という、肩書きはかっこいい仕事してるのに、
いつも古着とかばっかりで、どうもイッパシの男に見られないんです。

そんな状況を打破しようと選んだアイテムがこれ、
IMG_6487

そう、ゼロハリバートンっすね。
でも普通に持つのも寂しいので、
エグいビンテージ・ステッカーをいくつかチョイスしました。
(よく考えたら結局イッパシの男に見えない仕様に……)

で、これを持ってると、
水を得た魚のようにいろんな人が食いついてくるんですよね。
「何が入ってるんですか?」とニヤニヤしながら。

ほんと、愚問です。
求めてるのは70年代のAUSサーフィン雑誌で活躍した、
スーパーエディター、クレイグ・ピーターソンのこういうスタイル。
CraigPeterson_self-portrait_1974

まっ、こんなかっこよくキマってないからなんでしょうけどね~

数回しか使用していない、とても状態の良いMR Super Twinをゲット。
IMG_4982
届いたときはだっさいデッキパットが貼られていて、
「ちょっとちょっと、せっかくのエアブラシが台無しじゃんよ!」って。
もちろんソッコーで剥がさせていただきました。
IMG_8602
ちょっと変わったルートから買ったんですが、
出品者は、ワックスつけっぱなし、フィンもつけっぱなし、
なんと、段ボールを開けたら、ニットケースに入れただけで発送してきてました。
クレームを入れてやろうかとも思ったんですが、格安だったので我慢。

でも奇跡的に無傷でした。(これが一番の我慢の決定打)
ありがとう、西濃運輸!フォースを使ったとしか考えられません!

そして、そのご丁寧につけっぱなしだったフィンがこれ、FCS G5。
IMG_6341
しっかし、この超かっこいいフリーライドカラーのスーパーツインに、
デッキパットつけてG5って……どこまでダサくすりゃ気がすむんじゃい。
モデル名“Super Twin”の意味を考えろバカたれ。って思います。
IMG_9866
失敬、
FCSのMR-TFXフィンを持っているので、それが一番適切かと思ったんですが、
ここはモダンクラシックにALKALI FINSのツインをセットしてみました。
ファーストライドはこれでいってみます。
IMG_8625
このフィンはベースがMRフィン。
カラーリングだけではなく、サイジングもばっちりなのであります。
もちろんグラス巻きなので、コンポジットフィンより重みも固さも絶対良い。

かくして生まれ変わったスーパーツイン。
ほぼショートボード同様の浮力なので、
サイズのあるときなどにバシっと乗ってみます。

それにしてもウイングスワローが大好きな私。

このページのトップヘ