サーフとか70年代とかそんなんばっかり好きだから、
気が付いたら身にまとっている物がすべて貧乏くさいという始末。
せっかく出版社勤務という、肩書きはかっこいい仕事してるのに、
いつも古着とかばっかりで、どうもイッパシの男に見られないんです。

そんな状況を打破しようと選んだアイテムがこれ、
IMG_6487

そう、ゼロハリバートンっすね。
でも普通に持つのも寂しいので、
エグいビンテージ・ステッカーをいくつかチョイスしました。
(よく考えたら結局イッパシの男に見えない仕様に……)

で、これを持ってると、
水を得た魚のようにいろんな人が食いついてくるんですよね。
「何が入ってるんですか?」とニヤニヤしながら。

ほんと、愚問です。
求めてるのは70年代のAUSサーフィン雑誌で活躍した、
スーパーエディター、クレイグ・ピーターソンのこういうスタイル。
CraigPeterson_self-portrait_1974

まっ、こんなかっこよくキマってないからなんでしょうけどね~